3児のパパは何時に帰る!?

34歳、3児の証券アナリスト。家事と育児に苦戦しながらもANA陸マイルを集め、SPGカードを作ったものの、SFC修行前に妻より3人目の妊娠を告げられた!?

MENU

2017弾丸SFC修行やってきました!

ながらく日記のアップをしてきませんでしたが、

25日~28日の間に、沖縄に宿泊してANASFC(スーパーフライヤーズカード)取得のため

飛行機に乗りまくる、いわゆる「SFC修行」をやってきました。

本当は1月に行う予定でしたが、有給取得が制限されたため12月にやってしまいました。

 

4日間のフライト数はなんと14回!?SFC修行僧慣れしているCAさんすら

ドン引きするような弾丸修行をするようなバカは、きっと僕だけなんじゃないでしょうか。

詳細記事は後日アップしますが、興奮冷めやらぬ今のうちに概略だけでも記載したいと思います。

 

※この記事は、勧誘を目的とした記事ではありません。

こんなバカがいたんだという戯言、雑記として受け取ってもらえたらと思います。

 

SFCって何??メリットって何??

 

ANAの永年上級会員資格を保つためのカードです。

一度取ってしまえば、会費を払う限り上級会員資格が継続されます。

 

メリットとしては諸々ありますが、私の目的は

①特典航空券(保有マイルで航空券を引き換え)の優遇

②手荷物検査、保安検査場(優先レーン)の優遇

③保安検査後のANAラウンジ利用 です。

 

まだお腹から出てきてませんが、子供3人を抱えての旅行(2人でもそうですが)は

金銭的、体力的に大きな負担となります。

しかも僕の実家が地方にあるため、最寄り空港はJALなし。ANAのみ。イコールLCCもなし

であり、競合がいないため、帰省時に鬼のような出費となります。

ざっくりですが、ハイシーズンでの帰省は5人×3万円×2(往復)×2(盆正月)=60万円と

帰省の度にテンションがだだ下がりする事態になります。

しかも帰省時は大幅に混むため、荷物預かりだけでも30分~40分は待たされます。

帰省時の駄々っ子をあやすお母さん、疲れてぐったりしているお父さんを見ると、

いたたまれない気持ちになります。

そんな辛さを解消すべく、SFCホルダーとなるべく決意しました。

 

SFC修行って何!?

 

SFCは発行申請をすることで保有できますが、発行資格が制限されています。

具体的にはプラチナ会員、ダイヤモンド会員のみ発行できますが、

飛行機に乗りまくっている出張族、ビジネスマン以外、セレブ以外はそんなに乗れません。

しかし、プラチナ会員に1度でもなることができれば、SFCを発行し、永年資格を得ることができます。

そんな、プラチナ会員にワンタッチするために、集中的に飛行機に乗りまくる行為を

「修行」と言います。

 

実際にSFC修行をしたらどうだった?

 

修行初期はかなり楽しかったです。今まで乗ったことのない「プレミアムクラス」

なるものに着座し、CAさんからのご丁寧な挨拶を賜り、上着を預かってもらえます。

離陸後は「御膳」なる豪華な食事が提供されます。大変美味です!

ドリンクもソフトドリンクはもちろん、スパークリングワイン、赤白ワイン、

日本酒、焼酎、紅茶、日本茶、スープなど豊富な取り揃えです。

僕の乗ったプレミアムクラスは全部で21席ですが、そこに対し専属CAさんが3人配置されます。

常に気配りがなされ、手を上げずとも目を合わせればこちらへ来て、

「追加のお飲み物をご用意いたしましょうか?」と笑顔で聞いてもらえます。

そんな殿様気分を味わえたのが修行の序盤です。

時間的余裕がある方は、弾丸修行など行わず、時間分散して修行することをお勧めします。

 

弾丸修行はどうだったか?

 

絶対おすすめしません!

「良い子はまねしないでね!」というテロップを見かけることはありますが、

良い子でなくとも決して真似して欲しくありません!

ですからこのブログでは、SFC修行については「弾丸SFC修行、ダメ、絶対」を

声高に叫び続けたいと思います。

 

具体的には①CAとの徹底的な羞恥プレイ ②プレミアム御膳がマンネリ化する ③腰痛

の3つですが、特に①は精神的ダメージが大きいため以下に記載します。

 

CAさんとの羞恥プレイって何!?

 

SFC修行をする際には、目的が「仕事」「帰省」ではなく「飛行機に乗る」が目的です。

そのため、目的地での滞在時間が少なく、そそくさと帰ってしまいます。

そこで出くわすのが、「往路で一緒だったCAさん」です。そりゃそうですよね。

ここで顔を合わせて、自分が「修行僧」であることがモロバレします。

そしてCAさんから作り笑顔で「おかえりなさいませ」と言われるのです。

その作り笑顔が大変なダメージとなります。

CAさんは笑顔が仕事ですので、迷惑をかけているのは明らかにこちら側です。

 

飛行機修行をするいわゆる「修行僧」は、通常の用途から外れた「亜流」の存在です。

極論すれば、飛行機に乗りまくるだけの品のない客層です。

プレミアムクラスに乗っていた「一般人とは違う男性」から一気に「修行僧」に堕ちます。

いろんな記事で、飛行機修行でCAさんと出くわすことを見て、心構えをしてましたが

想像以上の恥辱がありました。

しかもそれは「継続」するものでした。

ご存知の通り、飛行機内は密閉された空間です。席も決められています。

決められた席で帰りの時間中、ひたすらCAさんの目線に耐えねばなりません。

 

帰りの便もプレミアムクラスだった場合、前述の通り、

CAさんから上着のお預かりと、ご丁寧な挨拶を賜ります。

その時は、「復路もありがとうございます」という挨拶の言外に

「あなたも修行僧だったんですね」という被害妄想にも似た感覚に苛まされます。

そして飛行中は、呼ばずとも目を合わせただけでこちらに近寄ってくれますが、

目を合わせまいと必死です。

人間は、やさしくされたら嬉しい一方、「その優しさに陰がないか」という不安を覚えることがあります。

SFC修行僧は、このやさしさに耐えなければなりません。

他にも羞恥プレイは多数存在し、

朝8時から23時までのフライトを3日連続と半日かけて多数のネタを作ることができました。

 

これからSFC修行を考えていらっしゃる方は、僕の記事を反面教師にして

紳士的なフライトを楽しんでもらえればと思います。