3児のパパは何時に帰る!?

34歳、3児の証券アナリスト。家事と育児に苦戦しながらもANA陸マイルを集め、SPGカードを作ったものの、SFC修行前に妻より3人目の妊娠を告げられた!?

MENU

「子育て世代」に向けた最強のクレジットカードを考える。~①ソニー銀行「Sony Bank Wallet」

 

f:id:itsukirisu:20180826221329j:plain

以前記事にした、おススメのクレジットカード6選の中でも

異彩を放つカードがあります。

それは、ネット専業のソニー銀行が発行する「Sony Bank Wallet」というカードです。

 

特に、子育て世代には利便性が強烈に強いカードだけに、そのメリット・使い方を

記載してみたいと思います。

 

【こんな人におススメしたい】

デビットカードの所持にメリットを感じない方

・コンビニでのATM利用が月1回以上ある方

・海外旅行を予定、あるいはいずれ「やりたい」と思っている方

 

若干文字数が多いため、4つのポイントを先に記載しておきます。

 

Sony Bank Walletのポイント4点】

 

 

f:id:itsukirisu:20180826221350j:plain

 

①年会費無料のデビットカードなのに現金キャッシュバックが!?しかも0.5%~2.0%の高還元率。

 

デビットカード」は通常のクレジットカードとは異なり、

カード利用時に、即座に口座から現金が引き落とされます。

それ故に、使い過ぎ防止や、使用~引落までのタイムラグによる預金管理が不要になりますが、

売り手の「多額の買い物を躊躇することなく決済してもらう」という趣旨から外れるため、

ポイント還元率が低いことが多いです。

しかしこのカード、ステージに応じて還元率が異なりますが、

最初のステージから「0.5%還元」を謳っています。

しかも、利用場所が限られる店舗限定などではなく、「現金」キャッシュバックです。

還元率はその後、「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」に変わるに従って

0.5%ずつ増加しますが、年収1000万円までの世帯では、

「シルバーステージ」で「1.0%還元」を目指すことをおススメします。

(余裕がある人はゴールドになることをおススメしますが、ハードルは高いです)

 

現金キャッシュバック1.0%。これで、お得感は他のクレジットカードと同等以上になります。

 

②ATM利用時も段違いの利便性~「手数料ゼロ」の範囲がここまで広い。

 

世の中便利になって、クレカ情報を入れた携帯電話でも大抵の資金決済が可能です。

しかし、現金が必要になる時って時々出てきます。しかも急ぎで。

そんな時に便利なのはコンビニATMですが、いかんせんATM利用料を取られます。。

最近は都銀も頑張って手数料無料を謳う所が出ていますが、

巨大なインフラを整備する都銀は、無料にすればするほどダメージが大きくなります。

 

Sony Bank WalletでコンビニATM利用時(現金引き出し)は、

 

セブン銀行(ヨーカドー)、イオン銀行が何度でも無料!

子育て世代利用率の高い、2大ショッピングセンター、スーパーでのATMが無料です。

後発、ネット銀行ならではの利便性・互換性です。

 

・・・すげぇ。

 

まるで、天空の城●ピュタに出てくるム●カじゃないか!?

 

「●ピュタは滅びぬ!何度でも蘇るさ!!」とか言ってATM使ってる奴

がいたら僕だと思ってください。(声はかけないでください)

→2019年1月から、回数制限がついて、下記の金融機関と同様に4回まで無料となります。 

 

そして、提携金融機関であるファミリーマートなどのE-net、

ローソン、ゆうちょ、三菱UFJ銀行三井住友銀行ATM引き出しは月4回まで無料!

(5回目以降は108円) 

 

やや反則気味なカードですが、

「月4回まで」っていうのが頑張ってる感じがしますね。

 

 

③他行あて送金も月2回は無料。ステージに応じて無料制限も広がります。

 

 ATM利用だけでなく、他行送金も利便性が高いです。

子育てしてると、学習塾とかスイミングスクールとか、

ダンス教室とか、妙に習い事に熱を入れてらっしゃる家庭も多いかと思います。

習い事には「月謝」がつきものですが、メインではない金融機関を指定されたりします。

そんな面倒な入金処理は、ソニー銀行ネット口座から振り込んでしまえます。

最初のステージだと月2回まで他行送金が無料なので、幼稚園~小学校の

習い事レベルだと、事足りるかと思いますね。

 

④外貨(ドル・ユーロ等)の購入手数料が激安。しかも、海外でそのまま使えます。

 

最後に書くのは「外貨」です。

あまり馴染みのないものかと思いますが、他のカードと最も違いがあります。

 

子育て世代には避けて通れぬもの、それは「海外旅行」です。

例えばハワイ旅行。

出発前に、外貨購入可能な店舗でドルを購入しますが、

その時のレートが結構きつい。(50銭とかだったりします)

ソニー銀行の場合は、ドルをはじめとする外貨を低い手数料(15銭とか)で

購入することができます。

しかも、ドルをある程度購入しておけば、

海外利用時に、Sony Bank Walletのクレジットカード決済だと

手数料無料で、購入したドルをそのまま引き落とすことが可能です。

海外旅行で円建てのクレジットカードを切ると、ドル交換手数料が

取られてしまったりしますが、手数料無料の、秀逸な機能です。

(海外ATM利用は手数料が発生します)

 

円が高いのか低いのか、なかなか判断はつきませんが、

コツコツとハワイ旅行の積み立てとして、ドルを買っておくのもおススメです。

(自分は200万円くらいをドル・ユーロに投資していて、学資保険替わりにしてます)

 

以上、Sony Bank Walletのポイントを4つ記載しましたが、

最後に、Sony Bank Walletを取得してすぐの「ステージなし」状態の

主な特典を並べてみます。

 

・キャッシュバック率:0.5%

・コンビニ、金融機関ATMの引き出し:4回まで無料(2018年中はイオン銀、セブン銀は何度でも無料)

・他行あて振り込み手数料:2回まで無料

・外貨購入の手数料が低い(ドルだと15銭)

 

シルバー会員以上の特典は、HP詳細をご参照ください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。