3児のパパは何時に帰る!?

34歳、3児の証券アナリスト。家事と育児に苦戦しながらもANA陸マイルを集め、SPGカードを作ったものの、SFC修行前に妻より3人目の妊娠を告げられた!?

MENU

「子育て世代」におススメのクレジットカードを考える④~SPGカード

f:id:itsukirisu:20180805071112j:plain

 

みなさんは「クレジットカード」なるものをお持ちと思いますが、

世の中には、大変エッジの効いたカードがあることをご存知でしょうか?

 

以前アップしたクレカ6選のうち、最もエッジの効いたカード、

その名も「SPGカード」。

 

年会費が税抜31,000円というアホな設定かと思いますが、

マリオット、シェラトン、リッツカールトン等の外資系ホテルに特化した

ホテル系クレジットカードです。

シーズンや曜日によって変動しますが、カードを1年間保有すると

ホテルに1泊無料で泊まれるというカード。

しかも、そのカードで支払いを行ったり、

系列のホテルに泊まったりするとポイントが溜まり、それで宿泊が可能となります。

 

私が1年半、カードを保有して得られたポイントや特典は

①1年間カードを保有したことによる1泊無料特典

②生活費の支払い、系列ホテルに泊まったことによるポイント100,500p(ざっくり2泊分)

1年半の保有で、合計3泊分の特典をゲットできました。

 

 「そんなに高いお金を払ってどこにいくの?」

という声が聞こえてきそうですが、

世のパパの大半が受ける試練に備えて、戦略的に所持している次第です。

 

 

その試練とは・・・・

 

東京ディズニーランド」です!

 

アメリカ発祥の夢の国。偉大なるウォルト・ディズニー

奥さんはディズニーが好きすぎて5年間もキャストのバイトを続け、

子供たちも多分にそのDNAを受け継いでおります。

対する私としては、みんなのアイドル、ミッキーマウスを「げっ歯類」と

一括りにして発言したことで、奥さんに首を括られそうになった過去もあります!

 

ディズニーランドは、夜のパレードまでが一連の楽しみとなります。

しかし、周辺のホテルは高くて泊まれない。。民泊を活用するにもリスクがある。

パパは、パレードに見入っている子供に向かって、

無残にも「今日はもう帰るから!!」と、

我が子を抱え全力で舞浜駅/駐車場へダッシュします。

 

愛はお金では買えませんが、お金でなんとかなることが多いのもまた事実。

特に家族で旅行、家族でレジャーなど、イベント事には

愛の量=つぎ込むお金の量 として量られる危うさもあります。

そんな心の防波堤として、このSPGカードを持っていれば、

近隣の系列ホテル「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ」に

無料宿泊することができます!(しかも、50,000p内であれば特典を使えない日はありません。)

今回は上の子の誕生日に合わせ、家族5人で宿泊(ベッド2台追加)してきます! 

 

我が子のため、我が妻のため、そして我が財布のため。

 

もし、ディズニーランドへ年に1回以上遊びにいって、パレードを最後まで

見たいと思うなら、結構使えるカードかと思います。

我が家では東京ディズニーランドのほか、沖縄のマリオット系ホテルにも

行く予定ですので、このカードが大活躍します!

 

みなさんも、ご家族の趣向を「実需」として、エッジの効いたカードを

保有してみてはどうでしょうか。