3児のパパは何時に帰る!?

34歳、3児の証券アナリスト。家事と育児に苦戦しながらもANA陸マイルを集め、SPGカードを作ったものの、SFC修行前に妻より3人目の妊娠を告げられた!?

MENU

「子育て世代」におススメのクレジットカードを考える②~JCBカード(ゴールド)

 

f:id:itsukirisu:20190713220017j:plain

 

皆さんは普段の生活において、

「クレジットカード」をどのように使われてますでしょうか。

 

手持ち現金が不足した時にだけ
カードを切る現金主義の方もいらっしゃれば、

基本はすべてクレジット(または電子マネー)、
の猛者とも言える方もいらっしゃいます。

 

私は基本、モノを持ちたくない(なくすので。。)

という理由で、クレジット利用がほとんどですが、
子沢山家計ということで、経済的に少しでもお得な
クレジットカードを求めて、日々情報を収集しています。

 

今回ご紹介するのは「JCBゴールドカード」
このカードは、ディズニーリゾートやUSJ
年1回は行くことのあるご家庭におススメのカードだと思ってます。
さらに、毎年ではないけど、将来ハワイ旅行を

考えている家族にとっても、特典のあるカードです。

 

f:id:itsukirisu:20190713220114g:plain


1.JCBカードの強み、還元率

 

JCBはディズニーリゾート、USJのオフィシャルスポンサーです。
カード利用で貯めたポイントを、ディズニーやUSJ
パークチケットに交換すると、還元率の高いものとなります。
さらに、オフィシャルスポンサーならではのキャンペーンが存在して、
利用額に応じてパークチケットやグッズなどの抽選が
できます。(我が家では文具が当たり、娘が喜んでおりました)

年会費は税別10,000円、還元率は0.2%~0.5%程度と物足りませんが、
年間利用額に応じてボーナスポイントが付きます。
その他、ウェブの専用モールを通じてAmazonを利用
登録してスタバを利用すると、ポイントをお得にゲットできるため、
意外と還元率の高いカードとなります。

さらに、ハワイ旅行でも観光客向けのトロリーバス
家族で乗れたり、ラウンジをタダで利用できたりしますので、
なかなか毎年はないものの、メジャーな場所では威力を発揮します。
娘がディズニーランドへ行きたいと思う限りは、
このカードを保持し続ける予定です。ハワイも行きますし。

 

2.継続使用によりカードグレードが徐々に上がっていく「出世魚」カード。

 

JCBカードは、楽天カードやイオンカードなどの「提携カード」ではなく、
「オリジナルシリーズ」と言われる「純正カード」がおススメです。

ゴールドカードを100万円以上、2年間継続して使用すると
「ゴールドカードプレミア」へのグレードアップし、
プライオリティパスが付帯されたり、京都駅のラウンジを使えたりします。

 

さらに継続すると、ブラックカードである
JCB THE CLASS」のインビテーションが届くらしいです。
(私はまだ、ゴールドカードの状態です)

JCB THE CLASS」の年会費は税別50,000円と高額ですが、
「メンバーズセレクション」と呼ばれるカタログのような
ものがあり、パークチケット2枚+ダッフィーなどのグッズをもらえたり、
ランド、シーで秘密のラウンジに入るチケット(年に1回)の入手が可能です。
その他、指定するレストランで同伴者が無料になるなど、
多くの特典があり、コスパの良いブラックカードとして認知されています。

 

 

おススメのカードは用途に分けて6つあります。

 

①キャッシュカード、送金用にSony Bank Wallet
②ディズニーリゾート、USJなどの家族イベントでJCBカード
③飛行機移動ではANAのスーパーフライヤーズカード(実家がANAのみなので)

④ホテル宿泊用に、エッジの効いたSPGカード

⑤普段の買い物(というかラウンジ利用に)イオンカードゴールド

⑥ネットショッピング、ふるさと納税用に楽天カード

 

 

www.3children-papa.com

 

限られたお金の中で、できるだけお得に楽しむため、
日々情報を仕入れていきたいと思います。